補聴器フィッティング

私たちの補聴器フィッティング

当センターにおける補聴器のフィッティングから購入までの流れは次の通りです。
試聴・貸し出し、測定、購入までの調整、アフターフォローは無料で行っております。

※聴こえの測定の結果によっては、身体障害者手帳に該当する場合があります。
その場合、障害者総合支援法の補助を使い、少ない負担で補聴器を購入することができます。


医療との連携

難聴の原因によっては、医学的な治療で難聴が改善するケースがあります。
そのような可能性がある場合は、医療機関へと紹介し、治療や相談を優先します。
その上で、補聴器が有効であると判断された場合には補聴器を試していきます。


身体障害者手帳の補助

聴力やことばの聴き取りの測定結果によっては、身体障害者手帳に該当する場合があります。
その場合、障害者総合支援法の補助を使い、少ない負担で補聴器を購入することができます。
当センターでは総合支援法の対象となる各種メーカーの補聴器を取り扱いしております。


聴こえの相談

まずは、聴こえに関してどのような困りや悩みがあるのかをお聞きします。
また、「小さくて目立たない補聴器が良い」、「雑音の中でも言葉が聴き取りやすい補聴器が良い」などのご希望があればご相談ください。


聴こえの測定

一人ひとりに適した補聴器選び・調整のために、聴こえの測定を行います。
また、補聴器が適合しているか、効果を確かめるためにも種々の測定を行います。

  • 聴力測定
  • インサートイヤホンによる聴こえ方の測定
  • →耳栓を付け、より補聴器をつけたときに近い状態での聴こえ方を測ります。補聴器でよく聴こえ、うるさくならないよう調整をするために欠かせない測定です。

  • 語音明瞭度
  • →補聴器でどれほど言葉の聴き取りやすさが向上したかを測ります。

  • 補聴器装用閾値
  • →補聴器によって、どの程度小さい音まで聴くことができるようになったかを測ります。

  • 環境騒音
  • →車、電車、ビニール袋、食器といった日常での騒音が不快でないかどうかを測ります。


試聴・貸出

各社耳掛け型補聴器

聴こえの測定の結果をもとに、補聴器を選び、フィッティングを行います。
その後、実際に補聴器を付けて音を聴いてもらいます。
しかし、補聴器の聴こえ方は当施設内の限られた環境だけではわかりません。
そのため、1か月程度、あるいは必要に応じてそれ以上の期間貸出を行い、ご自身の生活の中で補聴器の効果を確かめていただきます。


調整


補聴器を貸出しながら、2週間に1度を目安に補聴器の調整を行います。
ご面倒とは思いますが、実際の生活の中で気になった点を教えてもらい、調整に反映していくことで、より聞こえを高めることに繋がります。
何度か調整を重ね、聴こえが安定してきたら、補聴器を購入するかどうかの相談となります。


アフターフォロー

補聴器の購入はゴールではなくスタート地点です。
定期的に状況をお伺いし、補聴器のメンテナンスや調整、使い方のアドバイスなどを行い、聴こえの維持・向上をサポートします。
不具合や調整のご要望があれば、随時ご相談下さい。