難聴や補聴器のサポート

(一社)長﨑ベルヒアリングセンター東京東京都港区芝3丁目

MAP

アーカイブ

10月の営業につきまして

2021年10月の営業案内です。

平日、土曜:10~19時営業
日曜日:休業

当センターは完全予約制となっております。
予約の受付はこちらからお願いいたします。

GW中の営業について

ゴールデンウィーク中の営業についてご案内申し上げます。

4/30(金)、5/1(土) 10:00~19:00 営業
5/2(日)~5/5(水) 休業
5/6(木)以降 通常営業

2021年1~2月 人気のあった補聴器

補聴器は多数のメーカーや器種があり、価格の幅も広いため、どのような補聴器を選んだらよいのかわからないという方もいらっしゃると思います。
当センターでは、一人ひとりの聴力や聴こえのニーズ、生活場面等によりおすすめの器種をご紹介し、試聴していただいております。
2021年1月から2月にどのような補聴器が人気だったかをランキングの形式でご紹介いたします。
補聴器を選ぶ際の参考になればと思います。

1.オーティコン


マイルドで自然な聴こえが特徴のメーカーです。

片耳15万円前後の価格帯の器種が人気でした。

特に充電式の補聴器を選ばれる方が多かったです。
電池式だといつ電池が切れるかわからない、電池は購入する手間が面倒という方には充電式がおすすめです。
しかし、充電を忘れてしまうと使用できない、旅行などの際は充電器を持って行かなければいけないというデメリットもありますので、その点も合わせてご検討いただければと思います。

オーティコン 充電式補聴器

オーティコンHPより 充電式補聴器

また、障害者手帳をお持ちの方向けの総合支援法対象の器種も人気でした。
オーティコンは、雑音処理性能の高い最新型の補聴器を総合支援法の対象器種に指定しており、手帳をお持ちのお子様、成人の方ともにおすすめする機会が増えています。
色も12種類と豊富で、出力も高度用と重度用(2種類)があり、聴力に合わせた器種をお選びいただけます。

オーティコンの総合支援法対応器種

オーティコンHPより 総合支援法対象の補聴器


2.フォナック


シャープな聴こえと、幅広い調整の幅を持つメーカーです。

耳あな型の補聴器と、最新型の耳掛け補聴器が人気でした。

フォナックの耳あな型補聴器は、スマートフォンやワイヤレスマイクのロジャーと通信ができるタイプや、チタン製で丈夫かつ小型で目立たないなタイプなど、ご希望に合わせて豊富な機能やサイズを選ぶことができます。
耳あな型補聴器は、耳の型を取らせていただき、その型に合わせてオーダーメイドで作成されます。
オーダーメイドのため、ぴったりとしたフィット感で、耳掛け型に比べて外れにくいのが特徴です。

フォナック 耳あな型補聴器

フォナックHPより 耳あな型補聴器 バートM 通信機能が充実したタイプ

フォナック チタン製耳あな型補聴器

チタン製のバートチタン

最新モデルの「オーデオ パラダイス」は、新しいチップを採用し、今までのフォナック補聴器の強みであった調整の幅広さと、ワイヤレス通信機能がよりパワーアップしています。
調整可能な周波数チャンネルが増え、低価格帯の器種の調整がより細かく行えるようになりました。
フォナックの補聴器はiOS、Android、PCにBluetooth接続し、音声のストリーミングが可能です。
今までは同時に1台までの接続でしたが、パラダイスでは同時に2台までの機器のBluetooth待ち受けが可能となりました。
したがって、PCで音声を聴いているときにスマートフォンに電話がかかってきた際、スマートフォンの音声に切り替えてそのまま通話を行うといったことができるようになります。

オーデオパラダイス 充電式耳掛け補聴器

フォナックHPより オーデオパラダイス充電式

フォナックでは3月31日までGO TO 補聴器キャンペーンと題して補聴器の割引キャンペーンを行っております。ご興味のある方はお気軽にお問合せ下さい。


3.スターキー


ハウリングのしにくさとオーダーメイドの耳あな型補聴器に定評のあるメーカーです。スマートフォンと連携した多彩な機能にも力を入れています。

耳あな型の補聴器や低価格帯(片耳10万円前後)の器種が人気でした。

高価なイメージのある耳あな型補聴器ですが、スターキーでは片耳10万円を切る耳あな型補聴器があり、初めて耳あな型補聴器を作る方におすすめです。
「Muse」という2世代前の器種ではありますが、標準的な機能は備えておりコストパフォーマンスの高い器種です。

耳掛け型は最新機種「Livio」の下位クラスが片耳10万円を切る価格で発売されています。最新モデルは多くの機能が搭載され、高額になる傾向にありますが、この機種はスマートフォンやワイヤレスマイクなどと接続するワイヤレス機能を省くことで低価格を実現しています。

スターキーの耳あな型補聴器(CIC)

スターキーHPより 耳あな型補聴器

スターキーの耳掛け型補聴器

耳掛け型補聴器

また、唯一充電式の耳あな型補聴器を販売しているのがスターキーです。
やや大きめのサイズにはなりますが、スマートフォンとの接続が可能で、ワイヤレスイヤホンのような感覚でお使いいただけます。
ケースはバッテリー内蔵のため、外出先での充電も可能です。価格は片耳20万円~。

スターキー 充電式耳あな補聴器

充電式耳あな補聴器


4.ワイデックス


音質にこだわりのあるメーカーです。

最新機種「モーメント」が購入されていました。
モーメントは特に軽度難聴の方におすすめの機能が搭載されています。
軽度難聴の方が補聴器を使う場合、耳に直接入ってくる音と、補聴器で増幅された音が重なって聴こえることがあります。
補聴器の処理速度が遅いと、音が二重に聴こえたり、波形が乱れたりと不自然・不明瞭な聴こえになってしまいます。
そこでモーメントは「ピュアサウンド」という高速処理の技術により、遅延を極力減らし自然な聴こえ方により近づけているのが特徴です。
充電式もあり、カラーバリエーションも13種類と豊富です。

ワイデックス 充電式耳掛け補聴器

ワイデックスHPより 充電式耳掛け補聴器

モーメント カラーバリエーション

最近はマスクを外す際に一緒に補聴器が外れてしまうなど、補聴器を紛失される方が増えています。ワイデックスでは補聴器の購入時にオプションとして紛失補償を付けることができます(片耳2万円)。紛失補償だけでなく、同時に保証期間も1年延長されるという手厚いサポートを受けることができます。


☆この他にもまだまだたくさんのメーカーを取り扱っております。フィッティングをご希望のメーカーがあれば来られた際にお知らせください。


試聴のお問合せ・ご予約はこちらから


声援隊 難聴児のための療育の講演会「きっともっとずっと聴こう!10」オンライン開催

声援隊 聞いて話せる難聴児のための療育の講演会「きっともっとずっと聴こう!10」が3/6〜7にオンラインで開催されます。

リアルタイム参加は締め切られてしまいましたが、講演と録画配信の申し込みはまだ可能です。どうぞご参加下さい。

申し込みはこちら
http://kikoe-soudan.chm.jp/kitto2.php
声援隊リンク
http://kikoe-soudan.chm.jp/

「聴覚を活用した聴覚障がい児教育オンラインセミナー」お知らせ (主催:日本聾話学校)

聴覚を最大限に活用する聴覚障害児教育の意義について、当センターの顧問でもある神田E・N・T医院 神田 幸彦 院長がオンライン講演を行います。
医療の視点からの講演と、日本聾話学校の教育実践の様子をご覧いただき、それをもとに語り合い、情報交換をする機会を持ちます。

主催 日本聾話学校 ライシャワ・クレーマ学園

講師 神田E・N・T医院 神田 幸彦 院長
   国立病院機構東京医療センター 耳鼻咽喉科科長 南 修司郎 先生

日程 2月17日~26日 講演、学校紹介の動画配信(YouTube配信)
   2月26日 15:00~16:30 全体会(zoomによるオンライン会議)
 

オンラインセミナー申込みはこちら

聴覚を活用した聴覚障害児教育オンラインセミナー 概要

聴覚を活用した聴覚障害児教育オンラインセミナー プログラム内容

2020年11~12月 人気のあった補聴器

補聴器は多数のメーカーや器種があり、価格の幅も広いため、どのような補聴器を選んだらよいのかわからないという方もいらっしゃると思います。
当センターでは、一人ひとりの聴力や聴こえのニーズ、生活場面等によりおすすめの器種をご紹介し、試聴していただいております。
2020年11月から12月にどのような補聴器が人気だったかをランキングの形式でご紹介いたします。
補聴器を選ぶ際の参考になればと思います。

1.オーティコン


マイルドで自然な聴こえが特徴のメーカーです。

片耳15~20万円前後の価格帯の器種が人気でした。
「オープン」オープンサウンドナビゲーターという、騒がしい場所でも後方からの必要な音声を制限しない雑音抑制機能を搭載しており、より自然に近い聴こえの器種です。

「ルビー」はオープンサウンドナビゲーターの代わりに指向性によって雑音の抑制を行います。

オープンは片耳23万円~、ルビーは片耳13~15万円と価格の違いがあります。
補聴器の価格は、雑音抑制の機能がより高性能になるほど、高くなる傾向にあります。
この2器種で迷われる方が多いですが、レストランや居酒屋など雑音の多い場所に頻繁に行かれる方にはオープンを、家の中など雑音の少ない場所で多く使用する場合はルビーをおすすめしております。

オーティコン オープン

オーティコンHPより オープン

オーティコン ルビー

オーティコンHPより ルビー


2.フォナック


シャープな聴こえと、幅広い調整の幅を持つメーカーです。

充電式の補聴器と耳あな型の補聴器が人気でした。

最近の補聴器は処理性能の向上や、Bluetooth通信によって空気電池の持ち時間が短くなっている傾向があります。特に小型の電池を使用するタイプでは電池持ちが短いため、充電式を希望される方が増えています。
フォナックの充電式補聴器は充電ケースを2種類から選ぶことができます。

  • 乾燥と充電が同時に可能な標準タイプ
  • 旅行などの際にコンパクトに持ち運べる小型タイプ
乾燥・充電が同時に可能なチャージャーケースCombi

標準タイプ(チャージャーケースCombi)

小型なミニチャージャーケース

小型タイプ(ミニチャージャーケース)

フォナックの耳あな型補聴器は、スマートフォンやワイヤレスマイクのロジャーと通信ができるタイプや、チタン製で丈夫かつ小型なタイプなど、ご希望に合わせて豊富な機能やサイズを選ぶことができます。

フォナック 耳あな型補聴器

フォナックHPより 耳あな型補聴器 バートM 通信機能が充実したタイプ

フォナック チタン製耳あな型補聴器

チタン製のバートチタン

フォナックでは3月31日までGO TO 補聴器キャンペーンと題して補聴器の割引キャンペーンを行っております。ご興味のある方はお気軽にお問合せ下さい。


3.スターキー


ハウリングのしにくさとオーダーメイド補聴器に定評のあるメーカーです。スマートフォンと連携した多彩な機能にも力を入れています。

耳あな型の補聴器や低価格帯(片耳10万円前後)の器種が人気でした。

高価なイメージのある耳あな型補聴器ですが、スターキーでは片耳10万円を切る耳あな型補聴器があり、初めて耳あな型補聴器を作る方におすすめです。
「Muse」という2世代前の器種ではありますが、標準的な機能は備えておりコストパフォーマンスの高い器種です。

耳掛け型は最新機種「Livio」の下位クラスが片耳10万円を切る価格で発売されています。最新モデルは多くの機能が搭載され、高額になる傾向にありますが、この機種はスマートフォンやアクセサリーなどと接続するワイヤレス機能を省くことで、低価格を実現しています。

スターキーの耳あな型補聴器(CIC)

スターキーHPより 耳あな型補聴器

スターキーの耳掛け型補聴器

耳掛け型補聴器


4.ワイデックス


音質にこだわりのあるメーカーです。

最新機種「モーメント」が購入されていました。
モーメントは特に軽度難聴の方におすすめの機能が搭載されています。
軽度難聴の方の場合、補聴器を通した音と、耳に直接入ってくる音とが同時に聴こえることがあります。
その際に、補聴器の処理スピードが遅いと音が二重に聴こえたり、波形が乱れたりと不自然な聴こえになってしまいます。
モーメントは「ピュアサウンド」という高速処理の技術により、遅延を極力減らし自然な聴こえ方により近づけているのが特徴です。

最近はマスクを外す際に一緒に補聴器が外れてしまい、補聴器を紛失される方が増えています。ワイデックスでは補聴器の購入時にオプションとして紛失補償を付けることができます(片耳2万円)。紛失補償だけでなく、同時に保証期間も1年延長されるという手厚いサポートを受けることができます。

ワイデックス モーメント

WIDEX HPより モーメントシリーズ


☆この他にもまだまだたくさんのメーカーを取り扱っております。フィッティングをご希望のメーカーがあれば来られた際にお知らせください。


試聴のお問合せ・ご予約はこちらから


年末年始休業のお知らせ

12月29日(火)~1月3日(日)の期間を年末年始休業とさせていただきます。

この期間にお電話をいただく場合、留守番電話にメッセージを残していただけますよう、お願い申し上げます。
よろしくお願いいたします。

2020年10月 人気のあった補聴器

補聴器は多数のメーカーや器種があり、価格の幅も広いため、どのような補聴器を選んだらよいのかわからないという方もいらっしゃると思います。
当センターでは、一人ひとりの聴力や聴こえのニーズ、生活場面等によりおすすめの器種をご紹介し、試聴していただいております。
2020年10月にどのような補聴器が人気だったかをランキングの形式でご紹介いたします。
補聴器を選ぶ際の参考になればと思います。


1.フォナック


シャープな聴こえと、幅広い調整の幅を持つメーカーです。

充電式の補聴器と重度難聴者向けの補聴器が人気でした。

最近の補聴器は処理性能の向上や、Bluetooth通信によって空気電池の持ち時間が短くなっている傾向があります。特に小型の電池を使用するタイプでは電池持ちが短いため、充電式を希望される方が増えています。
フォナックの充電式補聴器は、充電ケースを2種類から選ぶことができます。一つは乾燥と充電が同時に可能な「チャージャーケースCombi」です。別売の充電パックを取り付けることで持ち運びの際に電源に繋ぐことなく充電をすることができます。もう一つは小型の「ミニチャージャーケース」で、旅行などの際にコンパクトに持ち運ぶことができます。

乾燥・充電が同時に可能なチャージャーケースCombi

チャージャーケースCombi

小型なミニチャージャーケース

ミニチャージャーケース

フォナックの重度難聴者向けの補聴器はパワフルで、スローコンプレッションという重度難聴の方が言葉の抑揚を聴き取りやすくする機能を搭載しています。9月に発売されたナイーダマーベルでは、ロジャーシステムの受信機が補聴器に内蔵化されました。また、Bluetooth機能も搭載し、iPhoneやAndroid、パソコンと接続し、音声を補聴器へストリーミングすることができます。

フォナックでは3月31日までGO TO 補聴器キャンペーンと題して補聴器の割引キャンペーンを行っております。ご興味のある方はお気軽にお問合せ下さい。

フォナックの重度難聴者向け補聴器

フォナックHPより 最新型の重度難聴用補聴器 Naida Marvel


2.オーティコン


マイルドで自然な聴こえが特徴のメーカーです。

片耳15~20万円前後の価格帯の器種が人気でした。
オープンシリーズはオープンサウンドナビゲーターという、騒がしい場所でも後方からの必要な音声を制限しない雑音抑制機能を搭載しており、より自然に近い聴こえの補聴器です。

補聴器の形状としては小型の耳掛け型が定番ですが、マスクに引っ掛かってしまうため、耳あな型を希望される方が増えています。
耳あな型の中でも非常に小さい耳あな型(IICタイプ)が人気でした。
外耳道にすっぽり入る大きさで、とても目立ちにくのが特徴です。しかし、Bluetoothなどワイヤレス機能やリモコンが使えないというデメリットもあるため、どのような環境・用途で使用したいかを念頭に置いて選ぶ必要があります。

オーティコン オープン

オーティコンHPより


3.シグニア

シグニア補聴器ロゴ
スタイリッシュな形状の耳掛け型や小型の耳あな型の補聴器が魅力的なメーカーです。

こちらのランキングでは初登場となるメーカーです。もともとはシーメンスというブランドでしたが、名称が変わりシグニアとなっています。

片耳20万円前後の中価格帯の器種が購入されていました。
耳掛け型のラインナップが豊富で、小型のタイプ(Pure)やおしゃれな見た目のスタイレットなど、お好みに合わせてお選びいただけます。
シグニアの補聴器は、超小型の器種でもリモコンによる調整(別売のminiPocketリモコン、スマートフォンアプリのリモコン機能)に対応しており、使い勝手を犠牲にせず小型の補聴器をお使いいただけます。

シグニアの耳掛け型補聴器

シグニアHPより Pure

スタイレット

スタイレット


4.GNリサウンド

GNリサウンド ロゴ
ワイヤレス通信機能に定評のあるメーカーです。

こちらも初登場のメーカーです。
耳あな型の補聴器が購入されていました。
豊富なワイヤレスアクセサリーを使用できます。テレビやパソコンの音を直接補聴器に届けるTVユナイト、相手に着けてもらい直接声を補聴器に届けるマイクロマイク・マルチマイク、リモコンとBluetoothの中継器を兼ねたリモコンユナイトなどをお選びいただけます。

GN 耳あな補聴器

GN HPより 耳あな補聴器

GN ワイヤレスアクセサリー

ワイヤレスアクセサリー


☆この他にもまだまだたくさんのメーカーを取り扱っております。フィッティングをご希望のメーカーがあれば来られた際にお知らせください。


試聴のお問合せ・ご予約はこちらから


2020年9月 人気のあった補聴器

補聴器は多数のメーカーや器種があり、価格の幅も広いため、どのような補聴器を選んだらよいのかわからないという方もいらっしゃると思います。
当センターでは、一人ひとりの聴力や聴こえのニーズ、生活場面等によりおすすめの器種をご紹介し、試聴していただいております。
2020年9月にどのような補聴器が人気だったかをランキングの形式でご紹介いたします。
補聴器を選ぶ際の参考になればと思います。


1.オーティコン


マイルドで自然な聴こえが特徴のメーカーです。

9月は、障害者手帳をお持ちの方を対象とした総合支援法対応の補聴器が人気で、障害者手帳をお持ちの方の半数以上がオーティコンの補聴器を購入されていました。
オーティコンは、雑音処理性能の高い最新型の補聴器を総合支援法の対象器種に指定しており、手帳をお持ちの方におすすめする機会が増えています。
色の選択肢も12種類と豊富で、出力も高度用と重度用(2種類)があり、聴力に合わせた器種をお選びいただけます。

また、片耳20万円前後の中価格帯の器種も人気でした。
オープンサウンドナビゲーターという、騒がしい場所でも後方からの必要な音声を制限しない雑音抑制機能を搭載しており、より自然に近い聴こえの補聴器です。
iPhone・iPadとBluetooth接続が可能で、電話や音声のストリーミング機能を楽しまれている方も多いです。(Androidでのストリーミングには別途アクセサリーが必要となります。)

オーティコンの総合支援法対応器種

総合支援法対応の補聴器

Opn S 充電式

Opn Sシリーズ 充電式


2.フォナック


シャープな聴こえと、幅広い調整の幅を持つメーカーです。

重度難聴者向けの補聴器とお子様向けの補聴器が人気でした。

フォナックの重度難聴者向けの補聴器はパワフルで、スローコンプレッションという重度難聴の方が言葉の抑揚を聴き取りやすくする機能を搭載しています。
また、フォナックはお子様向けの補聴器に力を入れているメーカーの一つです。高い防水性や、カラフルな本体とフックの組み合わせ、ワイヤレスマイクのロジャーとの連携など、お子様の使い勝手を考えた機能が充実しています。

これらのフォナックの重度難聴者向け・お子様向けのラインナップが、Marvel(マーベル)シリーズとして9月に新登場しました。
新製品の特徴は、すべての耳掛け型補聴器にBluetooth機能が搭載され、スマートフォンと接続して通話やストリーミングが可能となりました。
また、ロジャーシステムの受信機が内蔵されており、防水性が向上し、コンパクトな形状でロジャーを使えるようになりました。

フォナックの重度難聴者向け補聴器

フォナックHPより 最新型の重度難聴用補聴器 Naida Marvel

フォナックの小児用補聴器

最新型の小児用補聴器 Sky Marvel


3.ワイデックス


音質にこだわりのあるメーカーです。

9月は中価格帯(片耳20万円前後)の器種が人気でした。
周囲の環境を補聴器が認識し、自動的に聴きやすい音に調整してくれる「サウンドクラス」機能が搭載されています。ご自身で補聴器の操作をしなくても、聴き取りやすい設定に自動で切り替わるため、より快適に聴くことができます。例えば、①静寂、②パーティー(騒がしい環境)、③音楽のような環境を補聴器が認識し、自動的に音の設定を切り替えてくれます。

また、スマートフォンを用いた設定が細かく行えます。音質をご自身の好みに合わせて調整したり、音を聴きたい方向を前後左右のいずれかから選ぶというような細かい設定も可能です。

最近はマスクを外す際に一緒に補聴器が外れてしまい、補聴器を紛失される方が増えています。ワイデックスでは補聴器の購入時にオプションとして紛失補償を付けることができます(片耳2万円)。紛失補償だけでなく、同時に保証期間も1年延長されるという手厚いサポートを受けることができます。

WIDEXの補聴器(耳掛け型、耳あな型)

ワイデックスHPより 耳掛け型、耳あな型補聴器


EVOKEアプリでできる操作の一例

スマートフォン用操作アプリのイメージ


4.スターキー


ハウリングのしにくさとオーダーメイド補聴器に定評のあるメーカーです。スマートフォンと連携した多彩な機能にも力を入れています。

9月は低価格帯(片耳15万円前後)のモデルが購入されていました。
全てのクラスに衝撃音抑制機能が搭載されており、食器のぶつかる音やドアを強く閉める音などを抑制します。
スマートフォンとの接続が可能で、リモコン機能による調整をはじめとして、アプリには情報アシスタント機能、健康度のモニター機能など多様な機能が搭載されています。


スターキーのRIC型補聴器

スターキーHPより


☆この他にもまだまだたくさんのメーカーを取り扱っております。フィッティングをご希望のメーカーがあれば来られた際にお知らせください。


試聴のお問合せ・ご予約はこちらから


2020年8月 人気のあった補聴器

補聴器は多数のメーカーや器種があり、価格の幅も広いため、どのような補聴器を選んだらよいのかわからないという方もいらっしゃると思います。
当センターでは、一人ひとりの聴力や聴こえのニーズ、生活場面等によりおすすめの器種をご紹介し、試聴していただいております。
2020年8月にどのような補聴器が人気だったかをランキングの形式でご紹介いたします。
補聴器を選ぶ際の参考になればと思います。


1.オーティコン


マイルドで自然な聴こえが特徴のメーカーです。

8月は片耳15万円前後の低価格帯の器種が人気でした。

初めて補聴器を購入される方には、マイルドな音で慣れやすく、価格も比較的お手頃で人気があります。
iPhoneとBluetooth接続が可能で、電話や音声のストリーミング機能を楽しまれている方も多いです。

また、充電式をご希望される方も増えてきています。オーティコンの補聴器は他社と比べて電池持ちが短いため、充電式の費用対効果が特に高いです。3時間ほどの充電で約20時間ご使用可能です。

障害者手帳をお持ちの方を対象とした総合支援法対応の補聴器も人気です。最新の強力な雑音抑制機能を搭載した補聴器を、助成を受けて購入することができます。

oticonの充電式補聴器

オーティコンHPより 充電式補聴器

オーティコンの総合支援法対応器種

総合支援法対応の補聴器


2.スターキー


ハウリングのしにくさとオーダーメイド補聴器に定評のあるメーカーです。

8月も低価格帯のモデルが人気でした。

最新モデルとなる世界初の充電式耳あな型補聴器を早速購入された方もいらっしゃいました。
サイズは大きくなってしまうのですが、マスクの邪魔にならず、電池交換の手間がないため、使い勝手を重視される方にはおすすめです。
スマートフォンとの接続も可能です。リモコン機能による調整をはじめとして、アプリには情報アシスタント機能、健康度のモニター機能など多様な機能が搭載されています。
価格は片耳約20万円から。

スターキー 充電式耳あな補聴器

スターキーHPより 充電式耳あな補聴器


3.ワイデックス


音質にこだわりのあるメーカーです。

8月は7月と同様、低価格帯(片耳10万円前後)の器種が中心で、中価格帯(片耳20万円前後)の器種も購入されていました。

ワイデックスは低価格帯のラインナップが充実しており、必要な機能を絞り込むことで価格を抑えることができます。

中価格帯の器種になると、周囲の環境を補聴器が認識し、自動的に聴きやすい音に調整してくれる「サウンドクラス」機能が搭載されています。ご自身で補聴器の操作をしなくても、聴き取りやすい設定に自動で切り替わるため、より快適に聴くことができます。

また、スマートフォンを用いた設定が細かく行えます。音質をご自身の好みに合わせて調整したり、音を聴きたい方向を前後左右のいずれかから選ぶというような細かい設定も可能です。

ワイデックスの小型耳掛け型補聴器

ワイデックスHPより RIC型補聴器


EVOKEアプリでできる操作の一例

スマートフォン用操作アプリのイメージ


4.フォナック


シャープな聴こえと、幅広い調整の幅を持つメーカーです。

お子様向けの補聴器が人気でした。
フォナックはお子様向けの補聴器に力を入れているメーカーの一つです。高い防水性や、カラフルな色のラインナップ、ワイヤレスマイクのロジャーとの連携など、お子様の使い勝手を考えた機能が充実しています。

フォナックのお子様向け補聴器

フォナックHPより お子様向け補聴器

フォナックのクロス補聴器(耳掛け型、耳あな型)

フォナック クロス


また、クロス補聴器というシステムを購入された方もいました。
クロス補聴器は、一側性難聴の方、あるいは左右の聴力差が非常に大きい方の聴こえをサポートするシステムです。
聴こえにくい側の音をマイクで拾い、聴きやすい側の耳へと届ける仕組みになっています。
フォナックのクロスは遅延が少なく、充電式、耳あな型などのオプションが豊富なのが特徴です。

クロス補聴器は通常の補聴器と1台ずつ組み合わせて使用します。クロス補聴器は、聴こえにくい側の音を集めるマイクとして機能します。通常の補聴器は、聴きやすい側の耳に音を届けるスピーカーとして機能します。両者は無線で接続され、音情報の通信が行われます。


☆この他にもまだまだたくさんのメーカーを取り扱っております。フィッティングをご希望のメーカーがあれば来られた際にお知らせください。